Monthly Archives:November 2016

  • 会社申請にかかる費用

    新会社法の施行によって、例えば株式会社は資本金が1円でも設立ができるようになりました。しかし、会社の設立にかかる費用はこれだけではありません。法的な手続きや認証が必要となりますが、その際には費用が発生しますので、予算を見込んでおきましょう。
    まず、会社には定款が必要です。登記申請の際にも添付しなければせなりませんので、早めの用意が必要です。正式な定款と認証されるためには、公証役場で手続きが必要です。その費用は5万円ほどかかります。
    定款には、紙形式と電子形式がありますが、この違いによってもかかる費用は異なります。紙形式で認証を受ける場合には、収入印紙代が別途4万円必要です。電子形式の場合には収入印紙代は不要ですが別の費用がかかります。住基カード、カーがリーダーライター、定款のPDF化するソフトなどが必要となりますので、有料のソフトを使用すれば紙形式と同額程度の費用がかかるでしょう。
    定款は謄本を作成する必要があります。法務局提出用に必ず1通必要ですし、銀行や税務署などにも提出することもありますので2通作成しておくのが普通です。これにも費用が発生します。
    そして、最も高額な費用がかかるのは登録免許税です。登記の申請をする際に必要となります。現金で支払うのではなく、収入印紙を購入します。資本金によってかかる費用が異なります。資本金の1000分の7ですが、最低額が15万円となっています。資本金が1円の場合には15万円が必要です。
    PRサイト:二日酔い サプリ

  • 葉酸の効果

    葉酸とは、ビタミンの一種です。一番初めに発見されたのは、ほうれん草の葉っぱからでした。妊婦には胎児の成長に欠かせない栄養素なので、「妊婦のビタミン」とも呼ばれています。

    葉酸 効果には、様々な効果があります。
    ○DNAが作られる時や細胞分裂などにとても重要な栄養素です
    ○造血作用や消化器官の粘膜の生成にも必要です
    ○心臓病や直腸ガンなどのリスクを低下させる効果があります
    ○新陳代謝の活性化をうながし、肌荒れやニキビを防ぐことができます
    ○妊娠中の胎児の神経障害のリスクを低下させる効果があります
    ○不妊にも効果があります

    様々な効果がある一方で、不足した時に見られる症状もたくさんあります。
    体内の赤血球が正常に作られず悪性の貧血を引き起こしたり、ガンや動脈硬化などの発症リスクも高まります。また免疫機能低下、消化管機能異常などの症状も見られます。

    特に重要視されるのが妊婦の葉酸不足です。胎児は急速に細胞分裂をして成長します。この時期に葉酸が不足してしまうと、脳神経に異常をきたし、神経管閉鎖障害などを引き起こす場合があります。
    このリスクを軽減する為には少なくとも妊娠1ヶ月前からの葉酸摂取が望ましいといわれています。妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月までは特に葉酸が重要なので、妊娠が発覚してから摂取しても間に合いません。妊娠初期の女性に限らず、妊娠を考えている女性は日頃から意識して摂取するよう推奨しています。妊娠全期間を通して摂取するのはもちろんのこと、授乳期になっても葉酸を多く摂取することが大切です。

    また子宮の細胞に働きかけ、子宮内膜を強くします。受精卵を守る働きをし、着床を助ける為、不妊にも効果があるとされています。葉酸は大腸ガン・子宮頸ガンの予防にもなるそうです。精子の染色体異常を防ぐ効果もあるので、女性だけでなく男性にも効果的です。

    女性がかかりやすい甲状腺ホルモンにも、葉酸は効果を発揮します。
    葉酸が不足することで、新陳代謝や甲状腺腫を引き起こすのです。甲状腺の病気は、不妊の原因にも関わっており、甲状腺ホルモンのバランスが崩れることによって、月経不順や無月経などを引き起こします。

    妊娠を予定する夫婦には、ぜひ積極的に摂取していただきたいビタミンです。

  • レーシック手術にかかる費用の保険

    レーシック手術にかかる費用の保険

    レーシック手術は基本的に自由診療となるので、保険を使うことができません。なので全額自分で支払わなければいけないのですが、なぜ自由診療になるのか。それはレーシックが美容整形と同じで病気を治すために必要なものではないからです。通常保険が適用されるのは病気を治すために必要な治療のみで、自らの選択で行う美容整形や歯科矯正・レーシックなどは保険適用外なのです。
    しかしレーシック手術料金は医療費になるので、10万円を超える場合は医療控除の対象となります。つまり年末の確定申告の時に税金が還付されるかもしれないので、10万を超える場合は申告しましょう。

    ●医療費控除の申請

    医療費控除の申請を行うためには、以下の書類が必要となってきます。
    ・医療費明細書 ・医療費の領収書 ・医療費控除の申請書 ・医療費控除申請年の医療費領収書 ・医療費控除申請年の源泉徴収票 など…ものによっては少々変わってきますが、だいたいこれらの書類が必要となります。なので治療を受けた際にもらう領収書や明細書は大切に保管しておかなければいけません。
    これらの書類があれば、その年に申請できなくても向こうい5年はさかのぼって申請することができます。
    管理人のお世話になってるサイト⇒全身脱毛 錦糸町