Monthly Archives:September 2016

  • カーテンは必需品

    引越しが決まると、色々な費用がかかってきます。
    引っ越し費用もそうですが、敷金・礼金に新たな物を買いそろえる費用、そしていらなくなった物を処分するときにかかる費用。
    結構、高額な費用になっていきますよね。
    新たに買い揃えるもの…家電や家具色々あると思いますが一番に買っていただきたい物があります。
    それは「カーテン」です。これは必ず必要となってきます。
    前のお部屋で使っていたカーテンのサイズが合えば問題はないのですが…微妙に長さが違うことが多々あります。
    お部屋によっては、前のカーテンが使えないカーテンレールすら取り付けられてないお部屋もあったりします。
    自分でホームセンターなどに買いに行って購入し、取り付けなければなりません。非常に面倒くさいですよね。
    新居が決まったら、カーテンの幅・長さは必ず測っておきましょうね。サイズが合わない、寸足らずのカーテンはカッコ悪いですもんね。
    必要最低限のカーテンの寸法で結構ですので、採寸しておきましょう。
    寸法だけでなく、カーテンレールが付いているかどうかもきちんと確認しておきましょうね。
    カーテンもわりと費用がかかります。それ以外にも購入しないといけない物がたくさん出てくると思います。
    予算をしっかりと計算し、計画的に物をそろえていきましょう。とりあえず、カーテンは必要なお部屋のカーテンから購入しましょう。
    続きはこちら⇒iphone7 在庫

  • 外国人でも消費者金融で融資をしてもらうことは可能なのか?

    日本に住んでいる日本人であれば、当然、消費者金融で融資をしてもらうことが出来るようになっているのですが、外国人の場合はどうなのでしょうか?
    外国人でも日本で生活をしていて、特別永住者証明書や在留カードを発行されているのであれば、利用することができるとされている消費者金融も多いです。

    大体の消費者金融は、外国人という理由だけで申し込みを断ってしまうと差別だといわれてしまいますので、表面上は対応をしているように見せていることが多いです。
    それに、日本で生活をしていて、ちゃんと収入があるのであれば、外国人でも融資をしてくれる会社もあります。
    ただ、日本で生活をしていても、日本語をあまり話すことが出来なかったり、日本語の理解をすることが出来ていないのであれば、融資をしてもらえない可能性が高くなります。
    日本語の理解が乏しいのであれば、契約も理解できない可能性が高いですので、これは仕方がないことだといえるでしょう。

    日本に在住をしている外国人に対しては消費者金融も優遇をしているのですが、反対に中長期在留者に対して融資はあまり力を入れていません。
    いつ帰国をするのか分からないわけですので、もし返済をちゃんと終わらせていないのに、母国に帰ってしまったら残高を回収することができなくなってしまうことになるため、消費者金融としても消極的になっているのではないでしょうか?
    特に中小規模の消費者金融は、外国人に対しての融資をためらっていることが多いです。

    国としても、融資後に対しての取り締まりはとても強くなっているのですが、融資を断ることに対しては特に取り締まりはしていません。
    ですので、消費者金融としても、なるべくなら外国人に対して融資をすることに力を入れていないのでしょう。
    日本でも急激にグローバル化が進んでいますが、消費者金融業界に関しては外国人を顧客にするということに対して及び腰になっているのは間違いありません。

    こちらもどうぞ>>>>>ニキビ跡に効くエステ